連載企画:リチウムイオンバッテリー第5回

ケイワークス 石田です。

 

連載企画 リチウムイオンバッテリー第5回は

「バッテリーマネージメントシステム(BMS)」について

お届けします。

 

image

 

バッテリーマネージメントシステム(以下BMS)は

リチウムイオンバッテリーの制御回路です。

BMSがバッテリーの充放電を管理しています。

バッテリーマネージメントユニット(BMU)と呼ばれることもあります。

 

BMSは取り付ける場所でその役割が若干変わります。

リチウムイオンバッテリーの内部はいくつかの電池(セル)に

分かれております。

それぞれのセルにBMSが搭載されている場合は

セル単位でバッテリーの充放電管理を行います。

バッテリー全体をを総合管理する使い方もあります。

BMSの能力にもよりますが

1つで行う場合は「充電、放電、各セルのバランス取り」を

1つで行います。(基盤が忙しそうですね・・・)

 

メビウスシステムに採用したリチウムイオンバッテリーは

各セルのBMSに加え総合制御を行うBMSの両方を

搭載しています。

セルの数+1つのBMSで制御しています。

 

各セルのBMSは総合制御のBMSに対し状態を送り

総合制御のBMSは送られてきた情報をもとに

バッテリー全体のバランスを取りながら充放電を管理します。

 

それぞれのBMSの役割を明確にすることで

より安定したバッテリーとなります。

 

従来は満充電になった時の充電停止は

充電器が行っていましたが

メビウスシステムの充電停止は

充電器とバッテリーの両方が行っています。

(厳密にいうと先にバッテリーが充電を受け付けなくなりますが・・・)

 

従来の鉛バッテリーは周辺機器が電気の出し入れを行っていたため

吸いつくされて過放電→バッテリー故障

押し込まれて過充電→バッテリー破裂(最悪の場合)

となりましたが

BMSで管理されたリチウムイオンバッテリーは

過放電前に出力停止

過充電前に充電停止

となります。

*一定の電圧以下になると

 電圧計が「0V」や「1V」になってしますことがありますが

 バッテリーが出力を止めているだけで

 完全になくなっているわけではありません。

 

リチウムイオンバッテリーの良し悪しはBMSの性能次第

といっても過言ではありません。

 

image

 

次回はメビウスシステム全体についてお届けさせて頂く予定です。

関連記事一覧

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

【豊橋本社】
工場、車検、サービス、メンテナンス業務

0120-223-448 営業時間 9:30~18:00 定休日 毎週月曜日

【名古屋ショール-ム】
新車販売業務、お問い合わせ、車両展示、試乗

0568-27-7322 営業時間 10:00~18:00 定休日 毎週月曜日
メールでのお問い合わせ