連載企画 リチウムイオンバッテリー 第3回

ケイワークス 石田です。

 

温かくなったり寒くなったり、大風が吹いたり・・・

体調管理が難しい季節です。

 

連載企画 第3回は

「リチウムイオンバッテリーの寿命」についてお届けいたします。

 

従来の鉛バッテリーは約500回の充放電で寿命を迎える

と言われています。

image

早い人で2年半

長く使った人でも5年くらい

元々車についているスターターバッテリーとそれほど変わりません。

基本的に中身は同じものですので・・・

ただし、バッテリーの過放電(いわゆるバッテリー上がり)を

繰り返すと寿命は極端に縮みます。

これはバッテリーが放電を行う際に内部端子が化学反応により

傷むためです。

 

リチウムイオンバッテリーは2000回の充電回数で寿命となります。

(寿命と言ってもメーカーの定義する値までパフォーマンスが低下するだけで壊れるわけではありません)

この時点で4倍です。

しかもバッテリーマネージメントシステム(BMS)の保護により

バッテリーから電気が取り出せない状態でも

鉛バッテリーで言う過放電領域まで

残量は実は下がっていません。

 

ですので誤ってバッテリーを使い切ったとしても

何の問題もなく再充電することが可能です。

 

しかも、鉛バッテリーは全体容量の50~60%

までしか使えませんが

リチウムイオンバッテリーは90%以上使用可能です。

同じ量の電気を使ったら鉛バッテリーの方が

充電回数が増えることとなり、その分寿命が縮みます。

しかも

過放電したら復旧不能な状態になるかもしれない

リスクのおまけつきです。

 

その点、リチウムイオンバッテリーは安心して

使い切っていただけます。

 

充電回数だけでなく

1個のバッテリーで使える電気の量

という視点で見た場合、

4倍以上の差が付くこととなります。

しかも、壊れない安心のおまけつきです。

 

次回は「リチウムイオンバッテリーは安全」を

お送りさせて頂く予定です。

関連記事一覧

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

【豊橋本社】
工場、車検、サービス、メンテナンス業務

0120-223-448 営業時間 9:30~18:00 定休日 毎週月曜日

【名古屋ショール-ム】
新車販売業務、お問い合わせ、車両展示、試乗

0568-27-7322 営業時間 10:00~18:00 定休日 毎週月曜日
メールでのお問い合わせ