ケイワークス開発室 連載企画:リチウムイオンバッテリー 番外編

自由気ままに楽しむ

キャンピングカー

 

移動可能なテレワーク

モバイルオフィスカー

 

もしもの災害に備える車

 

 

ケイワークス石田です。

 

今回は「バッテリー上がり」の予定でしたが

番外編として

バッテリーの危険性について考えてみたいと思います。

 

image 

 

巷でよく聞く「リチウムイオンバッテリーは危険」

そもそも、バッテリーは電気が閉じ込めてあるわけですので

正直どんな物でも危険です。

 

鉛バッテリーの多くは内部に

「バッテリー液(希硫酸)」が入っています。

物は動くと温度が上昇します。

電気も同じで充放電を行い電気が動けば温度が上がります。

急激な充電や放電をおこなえば

より多くの電気が動きますので

温度も上がります。

*鉛バッテリーの適正充電電流は

容量の10%

と言われています。

バッテリー液は液体ですので温度が上がれば沸騰します。

液体は沸騰すると気体(ガス)に変わります。

このガスをバッテリー内部から排出する為鉛バッテリーの

多くにはガス抜きの穴が開いています。

希硫酸も発生するガスも実は非常に危険です。

 

リチウムイオンバッテリーの内部にも液体は入って

いますが何重にも覆われた内部に入っていますし

元々大電量出力や急速充電に対応

している為温度上昇は殆どありません。

 

*メビウスシステムに採用したバッテリーの

最大充電電流は80Aです。

image 

良く勘違いされるのがたくさんの(長時間)電気を使えるから

バッテリーの中にたくさんの電気が充電してある。

と勘違いされることがあります。

 

鉛バッテリー105Ah相当サイズの

リチウムイオンバッテリーは100Ahです。

実はリチウムの方が少ないのです。

バッテリーの特性でほぼ同じ量の電気を貯めていても

使える範囲が広いのです。

 

鉛バッテリーの充放電の制御は

周辺機器が行います。

リチウムイオンバッテリーの充放電制御は

バッテリー内部の

「BMS」と周辺機器が双方で行います。

 

貯めてある電気の量がほぼ同じであれば。

動作の範囲にゆとりがあり

無理なく電気の出し入れを行っている

リチウムイオンバッテリーは

むしろ安全と言えるのではないでしょうか。

 

バッテリーのスペックを把握し、余裕をもって使用することが

バッテリーを使用する上で最も重要だと思います。

 

リチウムイオンバッテリーには様々な種類があり

それぞれに特徴があります。

リチウムイオンバッテリーが危険なのではなく

間違った選び方と使い方が危険なのです。

 

次回は連載に戻り「バッテリー上がり」をお届けします。

関連記事一覧

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

【豊橋本社】
工場、車検、サービス、メンテナンス業務

0120-223-448 営業時間 9:30~18:00 定休日 毎週月曜日

【名古屋ショール-ム】
新車販売業務、お問い合わせ、車両展示、試乗

0568-27-7322 営業時間 10:00~18:00 定休日 毎週月曜日
メールでのお問い合わせ