黒田より、ご納車の御礼 専門技術で実現 デリカD5 キャンピングカー ここまでやれる – 株式会社ケイワークス キャンピングカー&トレーラー
黒田より、ご納車の御礼 専門技術で実現 デリカD5 キャンピングカー ここまでやれる
黒田より、ご納車の御礼 専門技術で実現 デリカD5 キャンピングカー ここまでやれる

黒田より、ご納車の御礼 専門技術で実現 デリカD5 キャンピングカー ここまでやれる

2022年7月18日
0 Comments

皆さんこんにちは、黒田です
多く
「デリカD5でキャンピングカー製作は
出来ますか?」

幾度となく、
このご質問にお答えしてきましたが、
今回ご紹介させていただいたお客様の
オリジナルデリカD5 クルーズは、
その答えを語るまでもなく、
「お客様ご協力と当社技術 ノウハウで、
デリカD5は、ここまで出来るんです❗️」
ということが、完成車両の事例として
実感していただけると確信します。

完成車両のご紹介 「デリカD:5クルーズ」 ~バッテリーMAX仕様~

我らは、THE キャンピングカービルダーです
一般の新車ディーラーでは、出来ない事ばかり
チャレンジを続けていますので🤔

先ず持ちまして、オーダーをいただきました
東京都 Mさまに、深く御礼申し上げます。
今回の制作において、心深いお気遣いに、
本当に多くの学びをいただきました。

あらためて、私共に専門性の重要さと、
実現にむけてのチャレンジ、正確さ、
スピードが、どれだけお客様と心が繋けられるかの決め手であることを気付かせて頂けました。

本当に、感謝しています。🙇‍♂️

D:5クルーズ M様
都道府県:東京都

デリカ D:5クルーズ
グレード:P

キャンピングカーをご検討いただきにあたり
ご使用目的を、ハッキリとすること。

この事が、
『失敗しないキャンピングカーの選び方』
の本質だと思いますます。

今回は、
「夫婦2人で車中泊の旅をすること、
災害時の一時避難場所として使用すること」

明らかでした。

そして、この目的を実現させるにあたり
さらに必要な条件を設定していくと

・「日常使いでの乗り心地の良さ、
使い勝手の良さと、車中泊ができることの両立」

・リモートワークとして機能する車内環境の実現
WIFIが使えるサイバーナビ導入

・テーブルサイズオーダー

・「サブバッテリーにリン酸リチウムイオン電池を選べ、十分な容量があること(× deep cycle)

・サブバッテリーを2基搭載、ソーラーパネルの容量を300Wまで上げ、走行充電と組み合わせて

バッテリー容量と充電の不安を軽減した」

・「4名就寝が可能な選択肢があること」

・冬でも使えること

専門性

ここからが、キャンピングカービルダーとしての
知識、ノウハウ、技術力、つまり『専門性』の
レベルが問われる訳です。

専門性により、お客様の『ニーズ』にたいして
理想の実現、問題解決の糸口をご提案させて
いただき、合意形成のもと、製作作業のフェーズ
へと移り、完成に向けて、製作工程を進めて行くのです。

●KWORKS オリジナル
薄型リチウムイオンサブバッテリー

・FFヒーターを取り付け冬季の車中泊に対応。
ポップアップルーフの防寒インナーも追加購入

・「車内のLED照明6か所をシーンにあわせて調光できるようにダイヤルスイッチを追加」

お客様の夢に向かって、一つ一つ作業工程は、
進んでいきます。

さらに、暫定として定義する
『SAFTY』
安全性の担保です。

特にお子様もご一緒する確率の高い
キャンピングカーライフに、安全への配慮は
切っても切れない重要事項ですね。

・安心して搭載出来るリチウムイオンバッテリー
・バックミラーをデジタルインナーミラーに交換
・荷物満載時でも後方視界を確保

当社では、もう一歩先を常に考えます
それは、発展性です

発展性
・将来的に荷物や自転車を積載できるように
ヒッチメンバーを取り付け

お客様からメッセージ

「どのキャンピングカーを選んでも一長一短が出てくるので、
①出来るだけ自分が想定する使い方にあうこと、
②優先順位の高いポイントを満たしていること、
③所有して満足感を得られるかどうか、を検討されると良いかなと思います。

 やる気 本気で目指す
キャンピングカー No.1 ビルダー
ケイワークス のトレーニングとチャレンジは
ずっと続きます💪

最後に、、、。
お客様がインスタをやってますので
是非チェックしてみてください目

https://www.instagram.com/luanavanlife/?hl=ja

———————————–

Recent Posts

About us

John Hendricks
Blog Editor
We went down the lane, by the body of the man in black, sodden now from the overnight hail, and broke into the woods..
©KWORKS Co.,Ltd.