間もなく発表!リチウムイオンサブバッテリーシステム

キャンピングカーの

サブバッテリーの不安と問題

一気に解決します‼️

ケイワークス 石田です。   

 

間もなく

「ケイワークス オリジナル 

     リチウムイオンサブバッテリーシステム」

を発表します!

 

間も無く完成!

「サブバッテリーをリチウムイオンに出来ないか?」

という

問い合わせは多数ありました。

当時としては「安全性」「コスト」

何より適正な商品がなかい問題で

お断りをさせて頂いておりました。

 

しかしここに来て、ようやく製品化の目処が

付きましたので、その魅力とバッテリー性能

数回に分け、余す所なく皆さまに、

ご紹介させて頂きたいと思います。

リチウムって

どんなバッテリー⁉︎

 

本日は「そもそもリチウムイオンバッテリーって?」をテーマに

ご紹介させて頂きます。

 

リチウムイオンバッテリーとは

正極負極の間をリチウムイオンが移動することで

充電放電を行う二次電池である。

正極、負極、電解質それぞれの材料は用途や

メーカーによって様々であるが代表的な構成は、

正極にリチウム遷移金属複合酸化物

負極に炭素材料、を電解質に有機溶媒などの

非水電解質を用いる。

単にリチウムイオン電池リチウムイやオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う

*Wikipediaより引用

ふむふむ⁇

 

・・・のっけから難しすぎますチーン

長所から行こう!

 

では、長所のご紹介

・エネルギー密度が高い

(小型、軽量化が可能です)

・充電/放電の効率が良い

(充電した分の80%~90%を

                              使えると言われています)

・寿命が長い

(充放電回数は鉛バッテリーの 

                   4倍以上と言われています)

高速充電が可能

 

短所としては

・過度の充放電(過充電、過放電)を行うと

    正極と負極が劣化、

熱膨張し最悪の場合「発火、破裂」をする。

*BMS(バッテリーマネージメントシステム」

    により充放電を制御

*正極へ熱安定性の高い「リン酸鉄」を使用

   することで安全性を確保

 

今回ケイワークスが採用したバッテリーは

リン酸鉄リチウムイオン電池(BMS付き)。

現在最も安全とされる

リチウムバッテリーを採用

 

バッテリー容量は100Ah

サイズは従来の105Ahとほぼ同じです。

エネルギー密度が高く、

小型化できるはずなのに・・・

 

バッテリー自体は小型なのですが

BMSを含めたケースを安全の為、従来の105Ahと同じサイズとしました。

 

とにかく、安全と信頼性を第一にシステムを構築させて頂きました。

 

ツインバッテリーで

エアコン稼働8時間達成 💪🎉💪

現在もリチウムイオンサブバッテリーを

組みこんだクラシックバンから、

トレイルワークスへ給電を行い、

充放電試験を兼ねて

エアコンの動作実験を行っています。

想定を越えた8時間の稼働に成功🎉🎉🎉

 

充電器についてもリチウムイオンバッテリーに

合わせて変更します。

こちらの性能は別の回にご紹介させて頂きます。

 

東京キャンピングカーショーまであと2週間!

リチウムイオンサブバッテリーシステムの

正式発表まであと2週間・・・

(いよいよ大詰めです・・・)

 

 

無料進呈

 ケイワークスの

失敗しないキャンピングカーの選び方を

無料で送付させていただきますので

当社ホームページよりお申込みを!

ケイワークスオフィシャルサイト

(お問い合わせフォーム)はこちら

↓         ↓         ↓

http://kworks-aurora.com/

関連記事一覧

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

株式会社ケイワークス
〒440-0086 愛知県豊橋市下地町字宮前35-1

0120-223-448 営業時間 9:30~19:00(月曜定休)
メールでのお問い合わせ