リチウムイオンサブバッテリーシステム第2回

天気が悪いと

バッテリーが減りません・・・

 

最近意味不明の悩みを抱えるケイワークス石田です。

 

ケイワークス オリジナルリチウムイオンサブバッテリーシステム

の紹介第2弾「充電器」の回です。

 

ケイワークスはこれまで走行充電器として「CTEK」を採用してまいりました。

 

最大で20Aの充電が可能な「CTEK」

バッテリーの容量は変わりませんが、使える量(減る量)が多い

リチウムイオンバッテリーに対し、「CTEK」同等の充電量は

必須のスペックでした

 

残念ながら「CTEK」は鉛バッテリー専用・・・

使えません・・・ショボーン

 

色々と検討の末、採用した走行充電器の充電電流は「20A」

 

 

リチウムイオンバッテリーは

充電量のほぼ全てを使うことが出来る

反面、無くなったら容量(100Ahなら100Ah)ほぼ全てを充電する必要があります。

*厳密にいうとBMS(バッテリーマネージメントシステム)の

 制御が入る為、全くの「0」までは使えません。

従来の鉛バッテリーは完全に使い切ると壊れてしまうため

どんなに使っても一定の残量は有りました。

(105Ahでも105Ah使えない)

 

充電方法と充電電流の検討は急務でした。

 

しかもの開発に当たっての

「黒田(社長)オーダー!」

今まで支えてくれたユーザー様のアップグレードを念頭に入れる為!

「可能な限り従来のシステムと置き換え可能」

「充電器はもとより接続線についても可能な限りそのままで!」グラサン

 

 

考えてみれば無茶なオーダーです・・・ガーン

 

 

残念ながら「CTEK」「外部電源チャージャー」

「旧仕様のソーラーコントローラー」は

鉛バッテリー専用の為変更が必要ですが

「CTEK以前の走行充電器」「MPPT仕様のソーラーコントローラー」は

使用可能です。

*走行充電器は電流容量が少ない為交換をお勧めします。

何より「基本的な配線は従来のままで使用可能」となりましたので

「電線を引き直す」という大工事をせずとも

リチウムへのバージョンアップが可能です。爆  笑

 

現在検証中のシステム充電電流はなんと最大「61A」*!!

使い切った100Ahバッテリーを2時間かからず満充電にすることが可能です。

*「走行充電(アイドリング)+外部電源+270Wソーラー(新型)」の数値となります。

 

現在リチウムイオンサブバッテリーシステムを搭載した

クラシックバンから給電を行い

トレイルワークスのエアコンを稼働し、

充放電の検証と各機器の設定数値を最終調整しています。

 

VACモニターの表示される

「ディスチャージ75A」(エアコン稼働中)や

「チャージ50A」は

見慣れた数値となってしまいました。

完全にマヒしてます・・・

 

搭載されているBMS(バッテリーマネージメントシステム)の制御で

充放電が完全に管理されている為

「過充電」や「過放電」が一切起こらない

賢いバッテリーが災い(?)し

満充電状態ですと充電電流の確認すらできない状態・・・

 

充電実験の為、放電をするのですが・・・

最近の冷え込みくもり

「エアコンかけてもバッテリーが減らない・・・」

 

サブバッテリーを使用するときの概念が

完全に変わってしまいました。

 

次回は新型(270W)に変わるソーラーパネルを

ご紹介させていただく予定です。

 

無料進呈

 

 ケイワークスの

失敗しないキャンピングカーの選び方を

無料で送付させていただきますので

当社ホームページよりお申込みを!

 

ケイワークスオフィシャルサイト

(お問い合わせフォーム)はこちら

↓         ↓         ↓

http://kworks-aurora.com/

 

 

関連記事一覧

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

株式会社ケイワークス
〒440-0086 愛知県豊橋市下地町字宮前35-1

0120-223-448 営業時間 9:30~19:00(月曜定休)
メールでのお問い合わせ