ケイワークスのコンセプト 黒田より キャンピングカーオーロラの新世代キャンパーコンセプト!

 

 

みなさんこんにちは

黒田です

 

キャンピングカーオーロラシリーズも

デビューしてはや10年

製作台数は、1000台に迫ろうとしています

 

昨今災害が立て続けに起きる中

世の中の大きな変化を感じられるには

いられません

 

10年一区切りとはよく言ったもので、

当社のキャンピングカーにも

新たなモデルと新たなコンセプトが

必然的に芽生えて参りました。

 

そこであらためて振り返ってみたいと思います

 

今まで、出来ないと思ったまま

当たり前だったことを

チャレンジしていく事で変えて行く

 

変えられない、当たり前

と思っていたことを逆に考えて見ると、

様々な気づきが芽生えます

 

ケイワークスのキャンピングカー

バンコンのオーロラシリーズは

 

『普段から使えるキャンピングカー』

 

が基本コンセプト

 

さらに、

 

『寝る・積む・遊ぶ』

 

をワクワクしながらどうやって実現するか!

 

そのために様々な装備を考え開発して

まいりました。

 

ハイエースのナロー、ミドルワイドモデル

をベースに、ポップアップルーフを装備し、

デザイナー、地域の家具職人さんとの連携で

今までに無かったデザインを探求し

独自の世界観を創ってきました

 

そして今必要とされるバンこんは、

ズバリ『電気』がキーワード

さらに『快適に過ごせる空間』

いわゆる寝床をあらためて進化させる必要を

感じています。

 

宿は相変わらず高い、混んでいる

融通がきかない・・・

 

オートキャンプサイトはいつも満員

 

もしもの災害時には、実際に避難勧告が

通達されると、ペットの避難場所がない

 

快適と、身を守る

 

この2つが大きな課題となりました

 

そもそもキャンピングカーのバンコンに

おけるサブバッテリーシステムは、

外部電源供給を前提にしていましたが、

 

『自立発電によるオフグリッドシステム』

 

が必要な時代になったと確信します。

 

 

 

先日私は、自動車業界の仲間と

琵琶湖にてキャンプを楽しんできました

 

その様子をレポートしながら

足掛け3年を費やして出来上がった

当社のユニークかつ便利な

キャンピングカーのスタイルを、

今回は、実際に使っている場面でお見せします!

 

もう、本当にキャンプの楽しみが

大きく変わります

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドのクラシックバン(キャンパー)には、

ロードバイクを搭載

基本は『乗る・積む・寝る』ですね!

 

 

 

 

荷物が満載できるトレーラーは、

当社のオリジナル国産トレーラー

『TRAIL WORKS520 Toy Hauler』

 

アクスル(車軸)は1350Kg 耐荷重なので、

許容積載は約350kg

 

こんなに積んでもまだまだ余裕ですが、

積みすぎはバランスを崩すので要注意です(^^;

 

 

 

 

このスロープ(ランプドア)があれば、

重たい発電機も楽に積み込めます

 

本当に助かりますよ!

 

 

 

 

荷物を下ろせばフルフラット展開

最大6人が就寝できます

 

 

 

 

 

娘をはじめ、子供達は初めてあったばかりなのに

大はしゃぎ!

大人とは別で楽しんでます(^^)/

 

 

 

 

キャンプ大好きの西尾張三菱自動車の関戸社長

なにやら芽キャベツを炒めた料理に没頭中!

 

 

 

私と娘は、ビーフシチューとご飯の用意

シチューの具は、娘が一生懸命に包丁でカット

 

 

 

日本バーベキュー協会認定インストラクターの

横地さん

みなさんに、見るだけでも楽しいスペシャルなBBQを

たっぷりと振舞っていただけました。

 

ありがとうございます!!

 

 

 

珍 酒井氏が関戸社長にサプライズの

バースデーケーキをご披露

 

 

みんなでバースデーソングを歌い、お祝いしました♫

 

 

 

 

 

 

 

夜は、宴会、焚き火

久しぶりに集まった仲間と話が弾みます

今回はなんと、北海道マツダ 横井社長もご参加!

すごい繋がりの仲間です。

 

 

 

 

 

 

今回は、娘と水入らずでキャンピングカー泊

と計画していましたが、今日できたばかりの友達と

トレーラーで寝たいとのこと!

一人ボッチでポップアップルーフ泊を満喫することに・・・

 

 

 

 

トレーラーはエアコン稼働中

ケトルや電子レンジも楽々使えます

しかもバッテリーが痛まない!

 

 

 

ポップアップルーフは3方向3Way(全開・全閉・メッシュ)

夜明け前の琵琶湖の湖畔は幻想的

 

 

目の前には、ヴィンテージのWVキャンパーの方が

オシャレにキャンプを楽しんでいます

 

 

これは、完全な非日常体験

心がリセットされます

こんな素敵な体験が、簡単にできて最高!

 

 

 

 

朝は、私自称日本ホットドッグ協会による

特製HOT DOGを振舞わせていただきました

ポイントは、キャベツと赤ウィンナーにウスターソース

久しぶりに作りましたが、やっぱりウマい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

ホットドッグはレンジで温めるのがポイント

パンがふんわりと柔らかくなります

 

 

 

 

 

 

 

朝食後には3輪トライクで子供達は大はしゃぎ

楽しいキャンプになりました。

 

 

バンコンバージョンキャンパー

 

ポップアップルーフ

 

リチウムイオンサブバッテリーシステム

 

オフグリッド仕様のトレーラー

 

とても贅沢な組み合わせですが、

エアコンを稼働させたり、荷物、遊びのギアを満載

 

どんなこともできてしまう。

 

リチウムイオンサブバッテリーシステムで

実際にキャンプ、くるま旅をすればするほど

不安に感じたり、我慢していたこが無くなり

全くと言っていいほど不自由が解消されました。

 

日本で使いやすいサイズのキャンピングカー

トレーラーとリチウムイオンサブバッテリー

の組み合わせが主流になることは間違い無いと

確信します。

 

もしもの災害時には、私たちやペットまで

助けてくれるライフラインになります

 

新たにキャンピングカー専用、

オリジナルサイズのバッテリーが完成間近

追ってブログアップしますので、

 

ブログフォローをよろしくお願いします!

 

それではまた

 

関連記事一覧

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

株式会社ケイワークス
〒440-0086 愛知県豊橋市下地町字宮前35-1

0120-223-448 営業時間 9:30~19:00(月曜定休)
メールでのお問い合わせ