TOKAI TRAILER

ケイワークス・トレイルワークスはキャンピングカーのケイワークスこだわりのトレーラー部門の総称です。
エアストリーム、キャンプレット、ジェイコのジェイフライトシリーズ、リバーサイドのトイホーラーやレトロなどの輸入トレーラー。
移動販売車から特殊トレーラーなどの用途に合わせた各種カスタマイズ可能なトレーラーを取り扱っております。

tokai trailer top kworks official website

カテゴリー:: ブログ

CATEGORIES::BLOG 新着記事

2016年 新型Jayco入荷! 名古屋キャンピングカーフェアに出展します!

2016Y アメリカン トラベルトレーラー 

 

Jayco 174BH SLX が入荷しました!

 

18ft のサイズに、クイーンベッドとシングルバンクベッドの

 

4~5人就寝モデルは、今まで有りそうでなかった、レイアウトです。

 

日本のファミリーに、日本の道路にベストサイズのトレーラー

 

174BHは、リーズナブルな価格、全米シェア連続 No.1 の

 

クオリティーで、旅の夢が叶います!

 

IMG_0688 (800x600)

 

  • アメリカンとヨーロピアンの特徴

アメリカンのトラベルトレーラーは、ボディーが強固に作られているので、

 

車両の重量は750Kgを超える為、けん引免許が必要です。

 

しかし、ボディーは厚く、安全かつ断熱性、遮音性が優れており、

 

耐久力も有るので、年月が経過しても、

 

安心快適にトレーラーライフを楽しめます。

 

但し、20ft以上のアメリカントレーラーを選択する場合、

 

けん引するヘッド車両は、1.5t以上けん引可能な、

 

ヘッド車とトレーラーのバランスを考慮して、車種選択する

 

必要が有ります。

 

デザインに関しては、個性が強く、インテリア全体的には

 

ナチュラル感のある木目を活かしたもデザインが多い反面、

 

近年は斬新なデザインも多いように感じます。

 

アメリカンの場合、天井の厚みは約10cm程も有るので、

 

ルーフにエアコンが装備されています。

 

気になる雨音も、天井の厚みで抑制されるので、快適に就寝出来ます。

 

ベンチレーター部分などで、天井の厚みが確認出来ます。

 

さらに、現在はクラウンルーフ(弓なりに湾曲したルーフの形状)が

 

主流なので、雨水は天井に残りにくく、発進時に水が大量に落ちてくる

 

と言った事も有りません。雪も積もりにくくなっています。

 

ちなみにエアストリームの形状でしたら、全く心配は要りませんね!

 

参考にですが、ヨーロッパ製は、ボディーの厚みは約半分の2.5cmが

 

一般的で全体的に軽量重視で設計されています。

 

IMG_0633 (800x600)

 

ボナンザの工場長山ちゃんが、車検準備と共に、

 

最終チェックを行い、ひととおり装備点検を行いました。

 

IMG_0632 (800x600)

 

IMG_0628 (800x600)

 

店頭には、ベガスも展示中、ちなみに商談中でした!

 

スライドアウトも付いてます。

 

IMG_0631 (800x600)

 

こちらはフォードベースのメルボーン!

 

ビッグサイズなのに、スタイリッシュです。

 

ちょっと乗ってみたいな(^^)

 

IMG_0647 (600x800)

 

ボナンザは、1992より、ジェイコのジャパンディーラーです

 

比留間社長からも、色んな馴れ初めを伺いましたが、

 

アフターサービスも整った、信頼のおけるブランドです。

 

この日は、スタッフの皆さんとも、仕事抜きで楽しい食事をしながら、

 

東海エリアにアメリカントレーラーの輪を作ろうと、お酒も呑みながら、

 

楽しく盛り上りました!!

 

IMG_0672 (800x600)

 

IMG_0674 (800x600)

 

ケイワークス トレーラーヴィレッジでは、

 

バンコン(普通車クラスのキャンパー)+全長22ft未満のアメリカントレーラー

 

のキャンパースタイルを提案して参ります。

 

ヘッド車は、2人から6人就寝プラス、トレーラーで2人から4人就寝の

 

組み合わせなら、家族が増えたり子供が成人していても優々出掛けられ、

 

2世代、3世代ファミリーでもキャンプが楽しめます。

 

親子2世代家族でアウトドアを楽しめるなんて夢のような環境です。

 

また、ヘッド車が2.1m立体駐車場対応のキャンパーなら、

 

市街地、郊外を問わず、出かける先に合わせてヘッド車単独で

 

クルマ旅や、車中泊も出来るので、どんな所でも困りません。

 

旅の目的地が、道の狭い温泉街だったり、

 

素敵なキャンプ場なのにトレーラーは入れなかったりという所も

 

多々有りますが、そんな時はヘッド車のキャンパーで出掛けます。

 

また少人数で身軽に出かけたいときにも、

 

普段使い出来るキャンパーは大活躍してくれます。

 

つまり、

 

ヘッド車両が普段使い出来るキャンパーという事がポイントなのです。

 

私も、個人的に公私混同で満喫しているスタイルです!

 

例を挙げてみますと、仕事では出張先で日帰り温泉に行った後、

 

お酒も飲みながら食事してパーキングで気兼ねなく車中泊したり、

 

長距離移動や展示会場先では、トレーラーで途中仮眠したり、

 

現地で宿泊し、無駄な時間をなくし、体にも負担をかけずに

 

仕事にもフル活用をしています。

 

もう本当に手放せないライフスタイルです!

 

当社では、スタイリッシュなアメリカントラベルトレーラーで、

 

そんな理想のキャンパーライフを、安心して楽しんでいただける、

 

多彩なモデルをラインナップして参ります。

 

 

IMG_0677 (800x600)

 

 

 

KWORKS TRAILER VILLAGE  黒田 功

 

 

| CATEGORIES::BLOG | 12:04PM| comments(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ