車庫証明について 車両購入時に必要な車庫証明に関して
ご確認いただけます

AURORA STAR CRUISE

Garage Certificate

車両購入時には、購入する車両の保管場所がきちんと確保されていることを証明する「車庫証明書」が必要になります。地域によっては、軽自動車でも必要な場合がありますので、どのような手続きが必要なのかご紹介いたします。

車庫証明とは

車庫証明書とは、車両の保管場所を確保していることを証明するための書類で、車両を購入する際に「車庫証明書」を提出することが義務付けられており、車庫証明書は車両購入時に前もって準備する書類の一つです。

なお、軽自動車の場合、登録時における車庫証明書の提出は必要ありません。ただし、地域によっては登録後に警察署へ車庫証明の届出が必要となる場合がありますので、詳しくは最寄りの警察署へ問い合わせをお願いいたします。

イメージ

車庫証明の申請に必要な書類

車の保管場所は、使用者の自宅から、直線距離で2km以内でなければいけません。自宅など自分で所有している土地や建物で保管する場合と、月極駐車場や親戚の家など他者が所有している土地や建物で保管する場合で、車庫証明の申請に必要な書類が異なります。申請書類一式は、警察署の窓口やウェブサイトなどで入手することができます。※ケイワークスでも書類をご用意しております。それぞれの場合で、申請時に必要な書類は下記となります。

申請時に必要な書類 自分で所有している土地や
建物で保管する場合
他社が所有している土地や
建物で保管する場合
自動車保管場所証明申請書 〇 〇
保管場所標章交付申請書 〇 〇
保管場所の所在図・配置図 〇 〇
保管場所使用権原疎明書面(自認書) 〇 -
保管場所使用承諾証明書
(記載事項が充足されていれば契約書の写しでも可)
- 〇

駐車場の土地と車の所有者が同一の場合、自認書が必要になります。※自動車保管場所証明申請書と同じ印鑑をおしてください。
駐車場を借りている方、賃貸アパートの駐車場を借りている方などの場合には、地主又は管理しているところ(管理人、不動産屋さんなど)に承諾書の記入をしていただきます。管理業者などに書いてもらう場合、有料になる場合がほとんどです。また、親の土地を利用する場合は承諾書の記入が必要となりますので、親に承諾書を書いてもらいます。

車庫証明を申請する

車庫証明は、車の保管場所(車庫)を管轄する警察署で申請を行います。※提出先の警察署は「車庫証明を管轄する警察」になります。 「最寄り」ではありませんのでご注意ください。

申請時に持参するもの

  • 自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書(複写式)
  • 自認書または承諾書所在図、配置図
  • 手数料(申請料、証紙代等)…合計3,000円程度(都道府県により異なります。)
  • 運転免許証など、自動車の使用者の住所が確認できる書類

手数料を支払い、申請が完了すると、納入通知書兼領収書が発行されます。納入通知書兼領収書は、車庫証明書を受け取る際に必要となりますので、紛失しないように保管願います。車庫証明書の交付には申請から3~4日程度かかります。

車庫証明を受け取る

警察が保管場所を確認して問題がなければ、提出の際に指定された日以降に車庫証明を受け取ることができます。受け取りのときにもらった書類は陸運局で使用します。有効期限は1ヶ月です。

受取時に持参するもの

  • 納入通知書兼領収書
  • 手数料…500円〜600円(都道府県により異なります。)

交付されるもの

  • 自動車保管場所証明書(車庫証明書)車両登録のため、運輸支局へ提出する書類です。発行から1ヵ月以内の車庫証明書が必要となります。
  • 保管場所標章番号通知書車検証などと一緒に保管します。
  • 保管場所標章車に貼ることを義務づけられているステッカーです。一般的には車のリアガラスに貼ります。

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

【豊橋本社】
工場、車検、サービス、メンテナンス業務

0120-223-448 営業時間 9:30~18:00 定休日 毎週月曜日

【名古屋ショール-ム】
新車販売業務、お問い合わせ、車両展示、試乗

0568-27-7322 営業時間 10:00~18:00 定休日 毎週月曜日
メールでのお問い合わせ