特集記事

オーロラストーリー カーライフ革命で人生をとことん楽しむ
キャンピングカーの価値と人生の豊かさとは?

AURORA STAR CRUISE

なぜ今キャンピングカーが人気なのか?

多様化するカーライフのなかにあって、どんな基準で車を選ぶべきか。車に何を求めていくか。決して安い買い物とは言えない車ですから、できれば遊びにも旅にも趣味にも…と多目的に使いたいものです。ところが、全ての条件を1台で満たす車種にはなかなか出会えないものです。 その理由は、自動車メーカーから発売される既製品は、継続的な収益構造を重視して、最大限に効率化された生産ラインで製造されるため、多目的性を十分に考慮し、お客様それぞれの使い方に細かく対応できる仕様ではないからです。そこに登場したのが、キャンピングカービルダーによる「既製の車に車中泊設備や家具を架装したキャンピングカー」という独特なカテゴリーです。こうしたキャンピングカービルダーの代表的なメーカーとしては、ヨーローッパのウェストファリア社などが知られています。

では、なぜ今キャンピングカーなのか。それは、新車を選ぶ際に、「車は燃費最優先」という経済性を求める移動手段中心の考え方のほかに、「家族や恋人や仲間といっしょに今しか味わえない大切なときを過ごすための必需品」という考え方が、ようやく日本にも広がってきたからです。車というものを移動の道具から楽しむための安らぎ空間へ。こうした精神生活の充足をカーライフに求める人たちが一挙に増え、社会現象になってきたのです。

近年では道の駅が急速に普及して全国各地で1,000か所以上にも広がり、日帰り温泉(公衆浴場)に至っては全国で7,000か所を超える施設数が存在し、車を利用した旅や観光をサポートしてくれる環境が整ってきたことも、キャンピングカーライフや車中泊ライフというものを身近にした要因でしょう。また、24時間開いているコンビニエンスストアは全国どこにでもあり、時間にとらわれない自由な行動型レジャーを支えていることも要因のひとつです。

それともうひとつ、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災などつぎつぎと大災害に見舞われてきた日本ですが、それぞれの被災地では、「キャンピングカーのように移動可能で寝泊まりできる車両があれば、住居代わりに使えてとても助かったのに」という声が高まりました。そこで、災害時の一時避難場所としてキャンピングカーが真剣に見直され、その利便性に注目が集まるようになってきたのです。

キャンピングカーと
時代背景

キャンピングカーを取り巻く時代背景についての
開発者インタビューです。まずはご覧ください。

時代とキャンピングカー

多様化するカーライフの中にあって、どんな基準で車を選ぶべきか?車に何を求めていくか?安い買い物とは言えない車ですからできれば遊びにも旅にも趣味も・・・と多目的に使いたいものです。ところが、全ての条件を一台で満たす車種になかなか出会えないものです。それは、自動車メーカーから発売される既存車には、多目的性を十分に考 慮し、それぞれの使い方に細かく対応できる仕様がないからです。そこに登場したのが、「既存車を架装したキャンピングカー」という日本独自のカテゴリーです。

なぜ今、キャンピングカーなのか・・・それは、車は燃費最優先という経済性を求める移動手段中心の考え方から、家族や恋人や仲間といっしょにかけがえのない時間を過ごすための必需品という考え方が広がってきたからです。また近年では、災害時の避難手段や避難場所としても真剣に見直されてきているからです。

キャンピングカーは、もはや従来のように特殊車あるいは特別車であるという見方から大きく変化し、日常にも使える普通車として普及し始めているのです。このダイナミックな潮流を作ったのが、バンタイプの既製車ボディ内部をキャンピングカー仕様に架装したHIACEです。いわゆるバンコン(バン・コンバージョン)と呼ばれるジャンルを牽引してきたHIACEは、今やひっぱりだこの大人気なのです。

時代とキャンピングカー
なぜバン・タイプのキャンピングカーは既成品の乗用車より使い勝手が良くて魅力的なのか?
キャンピングカーと言えば、大柄で屋根も高いキャブコンと呼ばれる特殊車両と見なされる場合が多く、ほとんどの方にはその車格からして敬遠され、高額な値段であることも手が伸びない理由だったのですが、HIACEやDELICAならば、街でよく見かける市販品のバン・タイプそのものですから親しみやすく安心です。このバン・タイプ、最近では内装を変えてキャンピングカーとして利用される方が急増しているのです。このなかに、長期間滞在を可能にした快適な車中泊機能が収まり、広いスペースが確保され、家具なども豪華で、あらゆる遊びの用途に合わせられる多機能性をもち、好みに合った内装デザインを自由に選べるうえ、シートのレイアウト変更も可能で積載量も大きいことなどが知られるようになると、従来のキャンピングカーの既成概念は大きく崩れていきました。こうして、HIACEやDELICAのキャンピングカー仕様の認知がすすみ、普及が始まると、多目的な利用条件に応えられる装備のみならず、クルージング性能の高い快適な車が、さらに求められるようになってきました。それが現状であると思います。
時代とキャンピングカー

こうしたバンコン・タイプのキャンピングカーへの需要は、ますます高まるばかりですが、裏返して言えば、カーライフの変革を求める声が、ここまで大きくなっているということなのです。人生で大切なものとは何か、人は真剣に考えようとしています。家族や恋人や友人たちと楽しい思い出をつくりたい、趣味の世界をもっと広げたい、泊まり先を気にせずに自由な旅に出てみたい。そして拘束されることの多い日常生活から、フッと抜け出して素の自分に帰りたいと思ったとき、あなたの横にキャンピングカーがあったら…。わたしたちKWORKSは、そんな思いの数々を自社製品で実現しようと努めている会社です。

キャンピングカー

キャンピングカーの使われ方

具体的にキャンピングカーはどんな使われ方をして喜ばれているのか?

■どこへ行くにもペットといっしょ(名古屋市 ニシオ様)
夫婦ふたりと犬のコーギー親子が家族です。旅好きなのですが、ペットといっしょに泊まれる宿は限定されるので、わたしたち夫婦も行きたいところに行けて、犬も泊まれる宿をあれこれ探さずに済む…と二つの要求を同時に満たすのはキャンピングカーだと思いました。今では寝る場所の確保に何の心配も要りませんし、時間を気にせず、行動にものすごく自由が出てきましたよね。KWORKSのキャンピングカーを購入する決め手になったのは、家具の造りこみが素敵だったことも理由ですが、ウチの場合はあくまでもペット中心主義ですから、広さと換気の安全面がポイントでしたね。それからウチは、マンションの地下駐車場なので、まず買う前には、車の高さを考慮しないといけなかったんです。キャブコンのような高さのある車両は、はなっから選択から外して考えていました。
名古屋市 ニシオ様
■定年後の夫婦ふたり旅には最高の乗り物(滋賀県 ヤマモト様)
60代前半。普段の遊びはほとんど夫婦だけです。それまでは四駆のRVに乗ってたんですが、 その車で北海道に行くか、新しく買い替えるか迷ったとき、たまたま名古屋でキャンピングカーのショーがあって、そこでKWORKSと出会い、ポップアップルーフが付いていて内装も最高だったKWORKSに即決しました。釣りが趣味で、釣り道具はいつも積んでいます。とにかく何でも積めるから、フルフラットのシートにして常用していますが、そのシート下のスペースが結構広い収納になっていて、物入れに使い切っています。いざというときの非常食もたくさん揃えてあります。また、妻はとくに車内で調理をするわけじゃないし、シンクでは顔を洗ったり、朝のコーヒーを沸かしたりするくらいですから、就寝スペースは常に広く使えています。キャンピングカーの魅力は、なによりもまず、自由な行動がゆるされる解放感ですね。この味を知ってしまうと、他の旅はなかなか…。
滋賀県 ヤマモト様
■家族との時間が増え、災害避難車としても重宝(横浜市 イワシナ様)
ホテルに泊まる旅行だと宿泊費もかさみますが、キャンピングカーだとそこを浮かせられます。その分を美味しい食事にあてることができますし、何よりも時間を気にしないで旅ができる自由はうれしいですね。子どもも大きくなれば家族で1部屋の予約…というわけにいかなくなり、1回の旅行で2部屋をとるとなると負担も大きくなりますから。基本的にはキャンプをベースとしつつ、車中泊と組み合わせています。普段使いとの兼用なので、バンコン・タイプがちょうどよかったですね。家族が多いので、フルに乗って横になるといささか狭いと思い、ポップアップルーフ仕様にして正解。ルーフ上では2名休めるようにしました。キャンピングカーを購入する動機となったもうひとつの大きな要因は、「いざとなったときの脱出車」という考え方ですね。災害時の避難移動手段にもなるし、宿泊所代わりにもなります。ポップアップルーフは、緊急の脱出口にもなるし、さまざまな使い勝手があるから一押しです。さらに、ソーラーパネルをルーフに取り付ければ、災害時の電源として本当に助かると思いますよ。
横浜市 イワシナ様

KWORKSのキャンピングカーに乗り換えた方の利点をまとめてみましょう

  • あらゆる遊びの用途に対応できて、家族や仲間との楽しい時間が一挙に増える。
  • 宿泊地を気にしない自由な旅ができるし、どこでも車中泊ができるので疲れ知らず。
  • 宿泊代が節約できるので、長旅になればなるほどお財布にはやさしい。
  • ペットと同居できる移動空間としては最高の機能と快適性を備えている。
  • お年寄りにも優しいフラットスペースになり、広い居住空間を得られて、くつろげる。
  • いざというときの簡易トイレも積めて、災害時の避難場所として存分に機能する。

今キャンピングカーを選んでおく意義とは?
普通車に後戻りできない魅力とは?

お子様の成長過程のなかで、一緒に遊べる期間は限られています。そんな時間を大切にしたいお父様やお母様には、ノープランで自由時間を楽しめるキャンピングカーは「家族の最良の絆づくり」です。また、待ちに待った老後のご夫婦ふたり旅にも、最高の快適空間をご提供できますので、これからの第2の人生を心ゆくまで楽しんでいただけます。

「楽しんでおくのは今しかない」と決断されたユーザーの皆様からは、一様に「理想通りの車でした。旅に対する考え方が変わりました。買い替えて全く後悔はありません」というお声をいただきます。既存の普通車では絶対に味わえなかった新しい自由な世界。HIACEやDELICA D:5といったバン・タイプの車両を車中泊仕様に架装するだけで、今すぐ体験できるのです。一人でも多くの方にこの世界を体験していただきたいために、KWORKSでは10年ローンもご用意して、お待ちしております。

キャンピングカー

ハイエースのワイドミドル

どうしてHIACEのワイドミドルに行き着くのか?

まず、キャンピングカーを購入するのは初めて…という方は、キャンピングカーの大きさに戸惑ってしまうかも知れません。駐車や保管のスペースに見合うのか、高さ制限のある場所に入れないのではないのか…、実際の運転に気を遣うのではないか…。こうした不安要因があるだけで、大型のキャブコン・タイプなどは敬遠されてしまいます。そこで、日常感覚で気取らずに使えるクルーザーとして近年大きく注目されてきたのが、HIACEのワイドミドル・タイプです。大型キャブコン・タイプのような高さやスペースを必要とせずに、運転も乗用車感覚で楽にできるうえ、可変シートを自由にレイアウトして、用途に合わせ思い通りの広さにできる室内空間が大人気なのです。

どうしてHIACEのワイドミドルに行き着くのか?

道の駅の充実や日帰り温泉の急増によって、あえて車内にトイレルーム・温水シャワールーム・本格的な調理施設は不要だという声が圧倒的になりました。最低限の必需品である湯沸し機能・洗面施設があれば十分で、コンセントを使えば電子レンジや冷蔵庫も設置できますから、『常設部に大がかりなものをこしらえて高額な車に仕上げるよりも基本性能のみ充実していればあとはオプションで考えたらいい』…という選択の幅も広がりました。こうした流れが、大型キャブコンを敬遠して、HIACEワイドミドルに人気が集まる要因になっています。さらに、ポップアップルーフという就寝スペースを設けることで、宿泊人員を増やせますし、車体剛性も高いので安心して人を乗せられ、大量の荷物を積むこと等が可能となりました。車中泊を中心とするロングドライブが、船上の長旅を可能にするクルーズと同義になったのも、うなずけます。日本の道路事情、日本人の生活スタイルにもっとも適したキャンピングカーといえば、現在、右に出るものはない…といわれるのがこのHIACEワイドミドルです。

どうしてHIACEのワイドミドルに行き着くのか?

ハイエース・ワイドミドルの決定版
オーロラ・スタークルーズシリーズ

HIACEワイドミドルに車種を絞ったのち、KWORKSのオーロラ・スタークルーズ・シリーズを選んでくださるお客様が非常に多く、ご購入の動機について、オーロラ・スタークルーズの製造理念に共感したというお声をしばしばいただきます。それは、KWORKSが「人が幸せになるためのものづくり」にこだわっていることへの評価ではないかと考えております。KWORKSの企業理念は、お客様が、ご家族やご友人や大切な方々と、キャンピングカー・ライフを通じて、温もりのある絆をはぐくんでいただきたい、という願いに尽きます。そのためにはどんな仕様が必要なのか、いかなるデザインがふさわしいのか、快適に過ごせる安全性の高い素材とは何か…そのことに専心し、KWORKSのみならず協力会社を挙げてキャンピングカー製造に取り組んできました。お客様が共感を寄せていただけるのは、わたしたちの思いを、製品のあらゆるところに具体的に見出していただけたからだと思っています。ここからは、みなさんが認めてくださったオーロラ・スタークルーズ・シリーズの、その「ものづくり」の理念と実際をご紹介していきたいと思います。

ハイエース・ワイドミドルの決定版オーロラ・スタークルーズシリーズ
キャンピングカー

緊急避難用車両としての機能

キャンピングカーは災害時緊急避難場所にもなるという意識の浸透

これまでも、各解説のなかでたびたび触れてきましたが、キャンピングカーを災害時の緊急避難車としても応用したい、というユーザーが本当に増えて参りました。阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災と、ここ10数年の短い期間に巨大な地震災害に相次いで見舞われた日本では、被災後に寝起きできる場所の確保に困るケースを数多く経験しました。あのときキャンピングカーのようなしっかりした就寝機能を備えた避難車があればずいぶん助かったのに…という災害現場からの声も多く、とくに病気がちの方やお年寄りの方、そしてお子様には、ゆっくりと身体を休められる場所と食糧が何よりも必要でした。こうした災害現場からの体験談にも後押しされるかたちで、自家用車を購入するならば、車中泊機能を完備した車がいいというお客様が多くなりました。積載スペースも大きいですから、非常食やペットボトルの水も備蓄しておけますし、医療品や衣類、簡易トイレ、煮炊きできるキャンプ用品と燃料ほか、サバイバルに必要なものはほぼ何でも収納しておけます。また、電気が不通になっても、ソーラーパネルを備えたキャンピングカーならば、情報収集に必要な電子機器への充電や照明の電源などには十分に対応できます。災害時の緊急避難場所として機能するキャンピングカーは、自然災害の多い日本では、今後ますます需要が高まってくるでしょう。

キャンピングカーは災害時緊急避難場所にもなるという意識の浸透

避難車両としての役割

キャンピングカーの避難車両としての役割についての
開発者インタビューです。まずはご覧ください。

FEATURE MENU

オーロラストーリー

カーライフ革命で人生をとことん楽しむ
キャンピングカーの価値と人生の豊かさとは?

ケイワークスのこだわり

1台の車でどこまで豊かなカーライフが
広がるものなのか…驚きと発見。
ケイワークスのこだわりを知ってください。

失敗しないキャンピングカーの選び方

秘密にしていたわたしのノウハウ
完全版

最長150回ローンで

「欲しい」から「買える」車となった
キャンピングカー

資料請求・質問・相談など些細なことでもなんでもお気軽にお問い合わせください。

KWORKS

株式会社ケイワークス
〒440-0086 愛知県豊橋市下地町字宮前35-1

0120-223-448 営業時間 9:30~19:00(月曜定休)
メールでのお問い合わせ